Today: Yesterday: Total: (since 2005.1.17)
Created in 0.0339 sec.
最近のコメント
トラックバック

カテゴリー » 花粉症と食事 » その他 March 17, 2006

花粉症とつくしエキス・つくし飴 ID:1142561163


花粉症につくしエキスが効くかも、今年初めて聞いた話題である。
(この「花粉症とつくしエキス・つくし飴」の記事は2006年2月7日に掲載し、3月17日に加筆したものである)


日本大学が、スギ花粉症にはつくしエキスが効果的として、
つくしエキスを混ぜたアメを開発したようだ。


3年間で100人以上の試食調査を経て商品化し、
徳島県の製薬会社が今春発売するとのこと。


しかしつくしエキスがなぜ症状を抑えるのかは、日大の研究機関でも突き止められていないらしい。


 新商品の名前は「つくし飴」で、
漢方薬などの製薬会社「池田薬草」(徳島県池田町)が発売し
技術は日大が開発し、特許も申請中のようだ。


日大文理学部の島方洸一学部長が趣味にしている山菜採り
自身が重度の花粉症だった島方氏が98年春、
採ってきたつくしを調理して食べたところ、症状がピタリと止まったという。


2000年に薬学部が研究に乗り出し、抽出したエキスに抗アレルギー物質があることは確認したようだ。
しかしこの物質と即効性との因果関係は分からないとのこと。


(2006.3.17加筆)
今朝のTVズームインスーパーで、この花粉症対策としてつくしエキス飴が紹介されていた。
読売新聞解説委員の辛坊さんによると、
50人の人間に積んできたつくしを食べさせたところ
6割の人間が花粉症が改善されたということがわかったらしい。
(もしかしたら50人ではなかったかもしれないが、私はそう記憶している)


既にどこのショップにいってもこのつくし飴は売り切れになり楽天でつくし飴を検索しても
ケンコーコムでつくし飴を検索しても
すべて品切れであるが(2011年現在はある)、そのうち入荷するだろうから
欲しい方は随時チェックをしてみるのもよいかもしれない。
また、電脳卸でのつくし飴については在庫は今現在はないが
仕入れは可能で発送は3日〜4日と書いてあったので問い合わせをしてみるのもよいかもしれない。


ところで、つくし飴が手に入らない人はつらいだろうから、
今日はせっかくなのでつくしを使った料理を調べてみた。


●つくし飯


つくし飯の作り方としては、
つくしのはかまと胞子穂を取って、熱湯に塩少々を入れ1〜2分ゆでてから、
1時間くらい水にさらししょうゆ、酒、みりんなどで薄く下味をつけておいたあと
ご飯は油揚げなど好みのものをいれて、薄めの塩味で炊き、炊きあがる寸前に下味をつけた
つくしを入れて蒸らすことでできるらしい。


●つくしのおひたし


食用にするのは、ごく若い10cm位までのもので、節々のはかまを取り除き、
流水でよく洗った後、熱湯でさっとゆで、冷水にとって水気を切ってから、
椀種やおひたしにひたすらしい。
苦みがやや強い味なので、気になる場合は、ゆでる際、少量の重曹を加えるとのこと。


●つくしの炒め物


つくしのはかまを取ったらさっと水で洗い、サラダ油をひいて炒め
油がなじんだら醤油・砂糖で甘辛くして
火が通ったら完成。
調味料の分量は、両手一すくいほどのつくしに対し醤油を二回しほど、
砂糖は小サジ1ほどとのこと。


●つくしのオムレツ

オムレツは私も好きだから、つくしがあったら私もやってみたい。
他の料理法と同様、つくしのはかまを取り、さっと洗ってから、
たっぷりの沸騰したお湯の中へ入れて、2〜3分煮出して、つくしのあくをとるそうだ。


そのあと水を切り、2,3cmに切り、具をいためるそうだ。
参考先のURLにも記述してあるが
この方のレシピは菜の花とベーコンを用いて
菜の花をゆでたものとベーコンの千切りを
フライパンでいためたものを加えていたそうだ。

具は好みによって他のものを加えるのもよいだろう。


最後に塩コショーを振り、マヨネーズを加えて混ぜ合わせたら、一度取り出し
フライパンに油をひき、玉子に牛乳大1を加えて混ぜたものをいれる。
この辺りは普通のオムレツの作り方と一緒であると思う。
我が家ではサラダ油のかわりにマーガリンを使ってオムレツを作るがこれもウマイぞ。

半熟程度に焼けたら、玉子の真ん中にそっとのせて、オムレツになるそうだ。


 
●つくしのゴマハンバーグ


つくしのオムレツと同じ方のレシピである。
つくしは、はかまを取り、洗ってから、沸騰したお湯の中へ入れて、2〜3分煮出して、つくしのあくをとり
水をきって1〜2cmの長さに切るそうだ。
つくしのオムレツよりは細かく切った方がよいということだろうか。


それに、にんじん、生しいたけ、たまねぎをみじん切りにしたものと、
鍋に入れてヒタヒタより少な目の水を入れて火にかけ、さとう、酒、しょうゆ、みりん 各大2、塩 小1/2を加えて、
5分ほど煮込み、ザルに上げると、煮汁はアクが出ているので捨てて
あとは、ボールにひき肉を入れ、そこへを加えて、こね合わせ、
つなぎ用の片栗粉を適量ずつ加えながら、ハンバーグの種をつくるそうだ。

皿に白ごまを敷き、両面に、白ごまをつけ
最後に少し弱めの火で焼けばできあがるそうだ。


ハンバーグは我が家でも作るが、これもつくしが手に入ったらぜひやってみたい一品の1つである。
ハンバーグにしいたけを入れるのはよくやるが、
他の記事で書いたしいたけ
(「花粉症としいたけ(椎茸):アレキック」参考のこと)
も、花粉症への効果があるのかもしれないと認められてきたようなので
一緒にいっぱい摂取したいところだ。


参考URL
http://3001.jugem.jp/?eid=955
http://ameblo.jp/reportage/entry-10008794149.html
http://radcliffe.at.webry.info/200602/article_15.html
http://www.toriume.com/modules/weblog/details.php?blog_id=489
http://kenjiokuda.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_a1f8.html#more
http://blog.goo.ne.jp/obasanfashion/e/6c7e2434c8ffe2cd550eb7ac32126d5c
http://blog.goo.ne.jp/korokoro-hirorin_2006/e/69751a04b743176ee32db0004dd321c3
(つくし飯の作り方)
http://www.town.misasa.tottori.jp/site/page/allindex/nouson/ajiwai/taste/tsukushi/
(つくしのおひたし・つくしの炒め物)
http://www.misbit.com/lounge/466.html
(つくしオムレツ・つくしのゴマハンバーグ)
http://www.gojo-sakura.com/npo/oz/ecocooking/ecocook_0403_tukushi.htm

— posted by midilin @ 11:06AM | Comment (42) | TrackBack (2) 

カテゴリー » 花粉症と食事 » キノコ March 17, 2006

花粉症としいたけ(椎茸):アレキック ID:1142558789


今日の朝、TVのズームインスーパーを見ていたら、
花粉症対策飲料水として、アレキックというものを
紹介していた。


単刀直入に言うと、国産の椎茸(しいたけ)を100%使用した清涼飲料水のようだ。
花粉症対策の記事として、朝日新聞にも掲載されたらしい。


花粉症としいたけについては2005年1月24日の記事の
花粉症とインターフェロンインデューサーとしいたけ
という記事で少しだけ紹介したが
花粉症としいたけの記事のさらに詳細を調べてみた。


椎茸には多くの食物繊維を含んでいるようだ。
この食物繊維は、人が摂取しても消化吸収されない多糖類、リグニンと呼ばれる物質など
エネルギー源にならず、腸管内で水分の調整をして便秘を予防すると言われているそうだ。

食物繊維が便秘に効くということはよく我々の耳でも聞くことだが、
これが食物繊維と便秘の関係ということのようだ。


また発癌物質などの有害物質を吸着してその吸収を妨げ、早く排出する作用や、
βグルカンというものがかなりの量存在し、
結腸癌や直腸癌を予防すると言われているそうだ。


ちなみにβグルカンとはなんぞやという話になると思うが
βグルカン(レンチナン)は、リンパ球表層や特定の血清淡白と結合して抗体生産を促進し、
インターフェロンなどの生産を増強すると言われているそうだ。


インターフェロンについては、「花粉症とインターフェロンインデューサーとしいたけ」でも
言葉だけはでていたが、
インターフェロンが何かということについては触れていなかったので
このことについても調べておいたので掲載しようと思う。


インターフェロンとは私たち人間がウイルス感染を受けた時などに体の中で作るタンパク質の一種で
インターフェロンの種類は、α型、β型、γ型の3種類があり、
主な作用として抗ウイルス作用、免疫増強作用、抗腫瘍作用などがあると言われてるようだ。


このインターフェロンを使用することにより、慢性ウイルス性肝炎の治療をすることができ
抗ウイルス作用により肝炎ウイルスを攻撃し、ウイルス性肝炎の治療できるということから
肝炎の治療にも使われているのがこのインターフェロンのようだ。


さて、話を元に戻すがこのインターフェロンの生産を増強するということは
免疫力を高め、がんの増殖を抑制をしたり、B型肝炎の治療になるということだ。


βグルカンには、抗癌作用・血糖降下作用・抗ウイルス作用・血圧調整作用・アレルギー体質改善等があると言われ、
これからの時代にはβグルカンを積極的に取り入れることで人間本来の治癒力を高める必要があると言われているそうだ。


このアレルギー体質改善、これが花粉症対策として注目されてきたのではないかと
個人的には思っている。


花粉症対策以外の記事は上にも長々と書いたが、
他にもコレステロールの排出促進や、血清コレステロールを低下、
それにビタミンDが含まれているため、
カルシウムの体内への吸収性をよくすることから
閉経後の女性や高齢者に見られる骨粗鬆症の原因を解消するとも言われているらしい。


しいたけ、すごいぞ、おまえは花粉症に効果があるだけでなく、こんなに栄養分をたくわえていたのか。
まだあるらしいぞ、しいたけの成分。


しいたけは、ミネラル成分の亜鉛や鉄を含んでいることから
体内にある亜鉛の10%は皮膚に存在して、皮膚細胞の新陳代謝に関わってて
新しい細胞を作るミネラルと言われているそうだ。


亜鉛の欠乏が味覚障害・成長障害・食欲不振・生殖機能異常・免疫力低下・皮疹・精神障害・生理不順・胃腸障害などが
おこることから、逆に摂取をすれば予防になるということなのだろう。


他の野菜などに比べてしいたけは食物繊維やビタミンD、亜鉛や鉄などのミネラルが豊富に含まれて、
生活習慣病、これは動脈硬化・血栓症・高血圧・糖尿病などの予防に役立つと言われているそうだ。


こういう事情を事前に調べ、しいたけ飲料水アレキックが生まれたらしい。


参考URL
http://www.recoursejapan.com/column/shiitake.htm
http://www.geocities.co.jp/Colosseum-Acropolis/9112/kouza9.html

— posted by midilin @ 10:26AM | Comment (2) | TrackBack (0) 

カテゴリー » 花粉症とマスク March 17, 2006

花粉症鼻マスク「とーしま栓」 ID:1142556775


今日の朝、TVのズームインスーパーを見ていたら、
花粉症対策として鼻マスク「とーしま栓」というグッズが紹介されていた。


個人的にネーミングが好きだが
名前のとおり、鼻のマスクなのだが普通のマスクと大きく違うのはその形。
通常のマスクは鼻から口まで覆う白いマスクを思い浮かべる方が多いだろうが
このとーしま栓は、耳栓の鼻バージョンという感じだろうか。
まさに、鼻の栓をするものだ。


実際に、TVのキャスターの方、羽鳥アナウンサーと読売新聞解説の辛坊さんが実際につけて行なっていて
この鼻マスク(鼻栓)は普通に正面から見た感じでは耳栓と同じで人からわからないことだ。


ただし、下から覗き込んだ場合と、鼻の大きさが小さい人はわからないが
完全にこれなら鼻にはいる花粉症をカットできるのではないだろうか。
その代わり、鼻からも息は一切できないという欠点もあるが。


使い方として、楽天の感想に書いてあったのだが
「普通のマスクと併用する方法が良いのでは」というような書いてあった。
なるほど、普通のマスクをして、その下にこのとーしま栓をすれば
下から覗き込んでもわからないし
完全に花粉をカットできるということか。


アイディア次第では最強の花粉症マスクとなりえるかもしれない。

— posted by midilin @ 09:52AM | Comment (1) | TrackBack (1) 

カテゴリー » 花粉症と食事 » 野菜 March 14, 2006

花粉症とフキ(続報) ID:1142309886


花粉症にフキが効くという記事を見つけた。


実は去年、ちらりと花粉症とフキについて載せた記事がある。
(過去記事「花粉症とフキ」)


フキなどの植物は、ポリフェノール成分が、アレルギーの抑制に寄与することから効果があるといわれている
ということを書いた。


「フキ」、春食べる方もいるだろう。


実は私はフキが苦手だ。
あの独特のクセ。あれが良いという方もいらっしゃるとは思うのだが
フキやセロリのようなあのクセが好きになれない。
(出されれば食べるが、自分で好んでフキやセロリは食べない)


そんなフキについて、私はあまり良いイメージがなかったのだが
どうも、最近、テレビ番組でフキが花粉症撃退食品として取り上げられたことにより
フキエキス粒などが注目を集めているそうだ。


ということで、フキについてさらに調べてみた。


2002年の1月に発表された学説によると
「花粉症患者をA・Bグループにわけ,Aにフキエキスを
Bに抗アレルギー薬を投与したところ,Aグループにより改善効果が見られた」
という報告があるらしい。


フキ独特のあの部分に有効成分が含まれているため
1分以上水にさらさないのがコツということだ。
そうか、あのフキのクセが、花粉症に良いという報告があるのか。


参考URL先には、フキの炊き込みご飯の作り方も書かれているので
フキが好きな方や、花粉症対策として、フキを使った料理を考えている方には、
良いのではないだろうか。


参考URL
http://www.h5.dion.ne.jp/~miegoma/ryouri/rice/kahun.html

— posted by midilin @ 01:18PM | Comment (0) | TrackBack (1)