Today: Yesterday: Total: (since 2005.1.17)
Created in 0.0211 sec.
最近のコメント
トラックバック
この記事に対する TrackBack URL

選択ボタンを押すとトラックバックURLが選択されるので,マウスの右クリックメニューや「Ctrl+C」 「command key+C」などでコピーしましょう。

注意:トラックバックをするときは必ず花粉症blogの「トップページのURL」
もしくは「紹介記事のURL」を貼ってトラックバックを行ってください。
最近花粉症blogのURLを貼らない・記事にまったく関係ない自サイトの宣伝のみをしたトラックバックが非常に多く、URLが貼っていないトラックバックは無条件で削除します。

カテゴリー » 花粉症と食事 » お茶 February 02, 2005

花粉症と柿の葉 ID:1107313294


柿の葉などの植物素材はポリフェノール成分が花粉症などのアレルギーの抑制に寄与すると考えられている。
他にフラボノイドがたくさん含まれており、アストラガリンはホコリ、ダニによるアレルギー性鼻炎の原因となるヒスタミンの分泌を抑制する働きがある。


また柿の葉には高血圧症、動脈硬化症等、成人病の予防に用いられることもあるようで、
止血作用があるので消化器潰瘍など、内臓の各種出血にも効果がある。
柿葉は鎮咳的にも働き、咳止め、喉の痛み、のどのゼイゼイするのを止めるとのこと。


緑茶にもビタミンCが多いと言われるが、柿の葉にはその何倍もの含有量があり、
甘柿の場合で100g中70mg含まれており、これは柑橘類の約2倍、イチゴ(約80mg)にあたり
柿の葉には10倍以上もの分量のビタミンCが含まれている。
柿の葉茶が有名。


参考URL
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/kenkou/pickup/353183
http://www.pecall.jp/cha/c_kakinoha.htm
— posted by midilin @ 12:01PM | Comment(0) | TrackBack(0) 
この記事に対する TrackBack URL

選択ボタンを押すとトラックバックURLが選択されるので,マウスの右クリックメニューや「Ctrl+C」 「command key+C」などでコピーしましょう。

注意:トラックバックをするときは必ず花粉症blogの「トップページのURL」
もしくは「紹介記事のURL」を貼ってトラックバックを行ってください。
最近花粉症blogのURLを貼らない・記事にまったく関係ない自サイトの宣伝のみをしたトラックバックが非常に多く、URLが貼っていないトラックバックは無条件で削除します。

今のところまだトラックバックされていません。