Today: Yesterday: Total: (since 2005.1.17)
Created in 0.0212 sec.
最近のコメント
トラックバック
この記事に対する TrackBack URL

選択ボタンを押すとトラックバックURLが選択されるので,マウスの右クリックメニューや「Ctrl+C」 「command key+C」などでコピーしましょう。

注意:トラックバックをするときは必ず花粉症blogの「トップページのURL」
もしくは「紹介記事のURL」を貼ってトラックバックを行ってください。
最近花粉症blogのURLを貼らない・記事にまったく関係ない自サイトの宣伝のみをしたトラックバックが非常に多く、URLが貼っていないトラックバックは無条件で削除します。

カテゴリー » 花粉症と食事 » お茶 February 07, 2005

花粉症とネトル(西洋イラクサ) ID:1107745701


ハーブの一種でネトル茶・ネトルハーブという名称で売られていることが多い。


葉はハート型をして、綿毛やとげを持ち、夏中花を咲かせる。
たまねぎやリンゴに豊富に含まれるフラボノイドの一種「ケルセチン」が含まれ、アレルギー症状を抑制するのに大きな役割を果たすとのこと。
花粉症、皮膚炎などのアレルギー症状、尿酸排泄を促すので糖尿病予防、体内の毒素排泄・浄血、貧血、関節炎・リウマチなどに効く。
また、ネトルをグラム売りしているところもあるようだ


単体で飲んでもよいが、緑茶とブレンドする飲み方もあるらしい。
他にハーブチンキ剤というハーブが本来持っている成分をそのまま凝縮させたものもあり、1日に2〜3回の目安で水やジュースに混ぜる花粉対策もあるとのこと。


参考URL
http://www.time-herbs.net/kafunsyou.htm
http://allabout.co.jp/fashion/supplement/closeup/CU20040128/
http://blog1.fc2.com/haruneko/blog-entry-29.html
http://lovetea.seesaa.net/article/2459489.html
— posted by midilin @ 12:08PM | Comment(2) | TrackBack(1) 

この記事へのトラックバック

 花粉症対策にハーブ
3年前から花粉症で、花粉飛散(悲惨?)量が多かった去年は最悪で病院でクラリチンを処方してもらっていて、今年も二週間前に処方してもらいました。一日一回の服用のため朝服用すると、夜寝るときにつらかったり、副作用は少ないほうらしいのですが、眠気とだるさは若干ありましたが、我慢していたのが正直なところ。ところが、ある打ち合わせでマスクをして会場入りしたところ、某大手電気会社の方から「花粉症ならこれ飲んでみたら」と、いただいたのがネトル(西洋イラクサ)のカプセル。最初はやばい薬だったりしてと半信半疑だったので... more »