Today: Yesterday: Total: (since 2005.1.17)
Created in 0.0344 sec.
最近のコメント
トラックバック
この記事に対する TrackBack URL

選択ボタンを押すとトラックバックURLが選択されるので,マウスの右クリックメニューや「Ctrl+C」 「command key+C」などでコピーしましょう。

注意:トラックバックをするときは必ず花粉症blogの「トップページのURL」
もしくは「紹介記事のURL」を貼ってトラックバックを行ってください。
最近花粉症blogのURLを貼らない・記事にまったく関係ない自サイトの宣伝のみをしたトラックバックが非常に多く、URLが貼っていないトラックバックは無条件で削除します。

カテゴリー » 花粉症雑学 March 11, 2005

日本ではスギ花粉症、ではアメリカやヨーロッパは? ID:1110551579


日本では花粉症といえば、まずスギ花粉を思い浮かべる。


では、アメリカやヨーロッパではどうかというと、
一般的にはアメリカはブタクサで
全人口の5〜15パーセントがブタクサ花粉症に悩んでいるらしい。


一方、ヨーロッパではイネ系の花粉による花粉症が多く
イギリスなどのヨーロッパ各地では、170年ほど前からイネ科植物の花粉症が知られており
「枯草熱(hay fever)」という名前で呼ばれていたとのこと。


参考URL
http://netjinsei.com/wikipedia/000034.html
— posted by midilin @ 11:32PM | Comment(0) | TrackBack(1) 

この記事へのトラックバック

 海の向こうにも約束の地は無かった
日本ではスギ花粉症、ではアメリカやヨーロッパは? というわけで、海外移住しても無駄なようです。ところで、上ではアメリカはブタクサが主となっていますが、花粉症まめ知識ではスギになっていますね。実際にはどっちが多いんでしょう。 more »